第二次世界大戦というか太平洋戦争というか、あの戦争が終わったのが1945年8月だろ。
今年で戦後72年か・・・。
あの戦争を知ってる人もだんだん少なくなってるけど、オレが子供の頃なんて、8月になるとテレビ各局で戦争の特番をやってた。それで戦争について興味を持ったり、調べてみたり、本を読んだりしたもんだけど、今じゃそういう番組はほとんど無いな・・・。あの戦争の記憶も風化して当たり前か・・・。
って事で、今月は戦争の映画をたくさん観たので、その話を書いて行こうか。
今回は、山本五十六だ。子供の頃には、ポプラ社子供向け伝記シリーズにも取り上げられていて、オレも読んだんだけどな。小学生低学年で山本五十六なんて読んでも、ほとんど意味は通じなかった。
山本五十六ってのは、まぁ、旧日本海軍の大スターだな。連合艦隊の司令長官で戦争中に戦死した人だ。
もうね、この人、太平洋戦争を扱った映画なんかだとたいてい出てくるし、いろんな役者が演じてる。
今回、観たのは、これだ・・・。
2011年公開、山本長官役所広司が演じてるやつだ。
感想は・・・
コントラストがハッキリ区別できる映画だ。
ここで言うコントラストってのは、「良い部分」「悪い部分」の差が激しいってこと。
「良い部分」は、まずは役所広司の演技だな。近いうちにもう一本、役所広司の映画について書くけど、この人、名優の域に達してるかもしれないな。カメラのアングルとか照明とかの技術もあるだろうけど、表情が上手い。嬉しそうな顔、苦悩する顔、諦観している顔、どれも惚れ惚れするような表情だな。この辺りは、同じ山本五十六を演じてる三船敏郎山村聡よりも確実に人間味が出てる。
開戦に反対しながらも、真珠湾攻撃を指揮してしまう山本の苦悩をよく表現してる。
ただ、「悪い部分」も多い。
まず言いたいのは、描写が駆け足。開戦前(日独伊三国同盟の締結前)から山本の戦死までを、わずか2時間余りの時間に詰め込んでる。これだけの期間を2時間に詰め込んでるので、観てても腰が落ち着かない。
教科書の年表をなぞるような気分になったぞ。
マスコミ批判の意味もあって登場させてるんだろうけど、架空の新聞記者がデフォルメされ過ぎ。国民の意識を戦意高揚、戦争へと駆り立てた新聞を随所に挿入してるんだけど、この記者を演じる香川照之がなぁ・・・過剰な演技でゲンナリした。
あと、戦闘シーンなんだけどね。ゼロ戦なんかでの戦闘シーンやらはCGが使われてるんだけど・・・
ウソッぽい!
これも近いうちに書くけど、CGなんか無かった時代の映画「トラ・トラ・トラ」なんかの方が、はるかに迫力もあるし緊迫感もある。どうせCGを使うのなら、もっと上手く魅せてほしいと思う。
それと、最大のミスキャストだと思うのが、山口多聞少将を演じる阿部寛。海軍の次期エースと言われる人物でミッドウェイ海戦で戦死するんだけど、これが阿部寛・・・。
カッコ良すぎるだろ!
しかもお別れのシーンが冗長で、まったく緊迫感が無い。
ミッドウェイ海戦なんてのは、太平洋戦争における一大転機となる戦いだし、これだけでも一つの映画が出来るほどの出来事なのに、サラ~ッと描いてる(涙)
ミッドウェイと言えば、この映画だ。
で、この映画「山本五十六」だけど、敗戦の将、南雲忠一を演じる中原丈雄がお茶漬けを食べながら号泣するシーンは、この映画でも三本指に入る名シーンだと思うので、その前段階のミッドウェイ海戦の描写が残念なのだ。
まとめると、この映画は・・・☆3個
戦闘シーンはCGで人間が出てこないので、緊迫感は皆無。ゼロ戦を操縦してる人間は出てくるけど、これだけじゃ安っぽいんだよなぁ。
核となる出来事がなく、ダラダラと年表をなぞってるような映画。
唯一、役所広司の演じる「人間・山本五十六」が魅力的だった。
まっ、戦争を知らない人が観るのには良いかもだけど・・・。
オレだって戦争を知ってるわけじゃないけど、この映画で描かれてる程度のことは本やらドラマ、他の映画で知識として得ているからな。
752914582e74cc0b5947946d877c47f2_saaa
そうそう、山本五十六の言葉で有名なのが有る。
何度か書いたけど、もっかい紹介しとこ・・・。
やってみせ、
言って聞かせて、
させてみせ、
褒めてやらねば、
人は動かじ

ってのは超有名。
管理職の人なんかで、この言葉を肝に銘じてる人も多いかもだけどね。
オレなんか、ここまで甘やかさないww
褒める所があれば褒めるし、無ければ褒めない。褒める所をわざわざ探してまで褒める事はしないぞ。
そうしないと動かない人間なら要らないし、そんな事なら自分で動くからなww
これも有名な言葉だけど、
苦しい事もあるだろう
云いたい事もあるだろう
不満な事もあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣きたい事もあるだろう
これらを じっと こらえていくのが男の修行である。

う~む、なかなか難しい・・・。

山本五十六関連の映画や書籍だ。

次回の予定~
世界陸上(4x100mリレー)を見て泣いたぞ!
あんな息子が欲しい!って話