今日と明日のあいだ

独身のオジサンが、日々、思った事を綴ってます。

レトルト食品が美味い!「三重大学カレー」の話

レトルト牛丼を買ってみたので、まずはその話から。
夜食用にいろいろとレトルト食品は買ってるけど、牛丼を買うのは初めてだ。
なにしろ近くに吉野家が有るし、スーパーなんかで見かけても、ついつい他のモノを選んでしまう。
そんな時に大量に山積みされてる商品を発見。レトルト牛丼だ。
たまには新しいモノにも挑戦してみるか!
って事で買ってみた。
IMG_20170918_110323
グリコが出してる牛丼だな。
北海道産真昆布の旨み特製つゆ仕込みって言葉に惹かれたww
うん、北海道の真昆布ってのがどんなモノなのかは知らないけどww
こだわりの どんぶりって書かれてるし、不味いことはないだろ・・・。
さっそく食べてみた。
茶碗2杯程度の白飯の上に、お湯でチンチンに温めた牛丼をドバッとかけてみる・・・。
IMG_20170918_180410
・・・・・・
ちょっと量が少ないな。
肉も少ない
(涙)
まぁ、値段が値段だけにこんなものか・・・。
うん、夜食なんかで食べるには良さそう。
肉の食感がもう少ししっかりしてると良いんだけど、レトルト食品に多くを望みすぎかなぁ。
でも、北海道産真昆布の旨み?それは、かすかに感じる!
吉野家牛丼とは違う風味で、これはレトルトっぽくない・・・。
これなら、たまに食べる分には合格点。今度から、白飯に二袋をかけて食べる事にしたぞ。
Amazonでのレビュー評価が思いのほか低いんだけど、オレの評価は☆4個だ^^

 

 


でね、お気に入りのレトルト食品を一つ紹介してみようかと思ってるんだけど・・・
紹介するのは、「三重大学カレー」だ!
mieucurry00156a
三重大学カレーって何だ?って事なんだけど、大学生協の紹介文から引用してみようか・・・。

練習船「勢水丸」は、三重大学大学院生物資源学研究科部に所属する中部地区唯一の練習船です。2009年1月30日に新しく生まれ変わりました。これを記念して、「勢水丸」で味が好評だったカレーを大学ブランドとして販売することを考案し、食品会社に勤める卒業生で乗船経験者が中心となって開発を進めました。船のコック長のレシピや卒業生たちの思い出の味などを参考にレトルトカレーの試作に取り組む、「勢水丸」の乗船員たちが5種類のカレーを試食しました。そのなかから船長が一番おいしいものを選び、船長おすすめの「三重大学カレー」が誕生しました。
「三重大学カレー」は、三重県で漁獲量の多い宗田鰹の節をダシに使っているのが特長です。ジャガイモ、ニンジン、牛肉入りで和風の香りがするカレーは、ほどよい辛みも効いています。
2009年10月1日に発売しました。
って事なんだけど、要するに、ご当地グルメ!
これ、県内でも大きなスーパーじゃないとなかなか見かけないし、お値段もちょっと高めなんだけどね。月に2~3回、三重大学に行くんで、その時には学内のレストランで食べてる。
mieucurry00156b

味の方はどうかと言うと、
これ、そ~と~なモンだぞ!
ってのが、最初に食べた時の印象。
なんと言っても船長のオススメだからな(船長とは面識も何もないけどなw)
5種類のカレーの中から選ばれただけあって、味に深みがある。
でね、このカレー、ダシが効いてる!
このカレーを食べると、感じるんだよね・・・
和!
ズバリ、和のテイスト!
宗田鰹の節が効きすぎるぐらい効いてる。
それなのに、ちゃんとスパイシーで、ほんのりと野菜の旨みも・・・。
レトルトでここまでの味は、そうは無い!と思ってる。
三重県だと東洋軒「ブラックカレー」が有名だけど、味に関しては肩を並べてるんじゃないか?
大学ブランドのカレーでも1位の売り上げを誇ってて、出荷数は東海地方を中心に24万食を超えてるそうだ。

 


で、三重大学と言えば、他にも大学ブランドの食品があるんだけどね。
たとえば三重大学[欧風]ジビエカレー!
mieucurryc
三重大学、三重県獣害対策課、県内企業ヤマモリ(株)の協力で、三重県内で捕獲されたシカ肉を利用した新しい商品だ。シカ肉ってのが何やら興味をそそる・・・。三重大ブランドづくり学生委員会なんてのが中心となって、試食やらパッケージデザインを行ったそうだ。
こういう、行動する学生は大好き!
応援したくなる!
まぁ、オレなんかが応援しなくても、たしか商品発表の席には鈴木知事も出席して大々的にアピールしていたような記憶がある。

シカ肉って固いイメージだけど、小さく切られていてなかなか美味なのだ。
まだまだ有るぞ。純米大吟醸梅酒 三重大學!
miecmeshu0016a
オレは酒を飲まないんで、これは飲んだ事はないんだけど、梅酒の日本一を決める日本最大のコンテスト「第八回 天満天神梅酒大会」梅酒部門全国2位だそうだ。
三重大学生物資源学部資源循環学科の学生が中心となって、津市商工観光部と地元酒蔵の寒紅梅酒造の産学官が連携した地域産業の活性化に向けた取り組み「蔵人体験」により生まれた梅酒らしい。

飲み方はロック、またはソーダ割りがオススメらしい。
ピザ
によく合うそうだ。

大学の研究室と学生と企業が一緒になって、何かに取り組む事には大賛成だ。
学生の頃から、こういういろいろな試みにチャレンジしてると、社会に出てからきっと何かの役に立つと思ってるからな。ボサ~ッと4年間を過ごすよりも、大いに有意義だ。

そういう学生を応援したいぞ。
844489c0b9ca85cb6ceaf880d96431f7_s

 

いつものバイト君の誤字・脱字チェックだ。

バイト君:最後は脱線してるじゃないですか!?

どこがだよ?

バイト君:レトルト食品の話だったのに、最後は梅酒やら出てくるし・・・

お前の学校を宣伝してやったんだわ^^

バイト君:・・・・・・

~関連記事~








~次回の予定~
小説「蛍川」は日本語の美しさを体現する!