今日と明日のあいだ

独身のオジサンが、日々、思った事を綴ってます。

【白内障】いよいよ白内障手術の日程が決まった!って話

2年ぐらい前から同居人が言ってたんだけどね、
なんか目にモヤがかかったみたいで、霞んで見える・・・。
病院に勤めてるくせに、同居人は極度の怖がりだ。眼科で検査した結果、白内障って診断されたんだけど、手術を後回しにしてた。まぁ、目ん玉に注射したりメスで切るわけだから、怖いって気持ちは充分に理解できる。
そんなもん、オレだって嫌だ!
で、病院から処方された目薬だけで誤魔化してたんだけど、去年の暮れあたりから、いよいよ目が霞むようになったらしい。
何を見ても白くモヤがかかってる~!
なんて言い出す始末だ(涙)
こんなもん階段なんか上り下り出来ないだろ。目の前にあるテレビもよく見えないって言ってるし・・・。
って事で、手術を嫌がってた同居人もとうとう決心したようで、先日、眼科医の所へ行ってきた。その前にも眼科医に通ってたんだけど、そこは白内障の手術は行ってないので、新しい病院へ行ったんだけどね。
最初に通ってた眼科医での様子は、こちらの記事・・・。

今回は手術を行う病院で検査をしてきたわけだけど、改めて白内障について簡単にwikiさんから引用すると、

水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる。
発症は45歳以上の中年に多く、年齢を重ねるにつれて割合が増加する。また、80歳以上の高齢者はほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしているといわれるが、進行の速さには個人差があり、目が見えづらくなるといった症状に至るとは限らない。
まぁ、加齢によってなる疾患だそうで、日本だと年間140万人ぐらいが手術をしてるとか・・・。一日程度の入院をする事も有るし、最近は日帰り手術をやってる病院も多いそうだ。
って事で、今回は白内障の検査をするために病院へ行った話だ。
 

同居人の気が変わらないうちに手術を受けさせないとアカンし、どこの病院に行くか、さっそく検索してみたぞ。キーワードは「津市内 白内障 日帰り手術」だ。すると7軒の眼科医がヒットした。同居人の周りでも白内障の手術を受けてる人は居るし、その人たちの意見やら評判をきいて、一軒の眼科医を選択。
完全予約制って事だったので、午後3時に病院へ・・・。
すぐに検査が始まったんだけど、オレは待合室でボサ~ッと待つだけだ。
30分ほど経過した頃かな、看護師がオレを呼びに来た。
〇〇さんの付き添いの方ですか?
先生からお話が有りますので、診察室に来てください
^^
・・・・・・
オレに何の用だ?(心の声w)
検査の結果が良くないんだろうか・・・。
診察室に行くと、お医者さんと同居人が向き合って座ってる。このお医者さん、開口一番、
かなり症状が進行してますよ!
よく、これで生活してましたね~
・・・・・・
いや、オレだって言ってたんだけどな、早く手術しろ!って・・・。そんな言い訳なんか言えるわけもなく、お医者さんの言う事を黙って聞くだけだ。
これ、早く手術しないと、いよいよ危ないんで、手術の予約が詰まってるんですけど、無理やり入れるんで!
良いですね!?
そんな事をオレに言われても・・・決めるのは同居人だ。
てか、良いも悪いも、嫌とは言えない雰囲気じゃないか(涙)
はい、よろしくお願いします
って返事するしかないだろ。
同居人の目の状態を写真で見せてもらって説明を聞いたんだけど、素人のオレが見ても白く濁ってるのが分る(泣)
IMG_20180303_233109
これで、この病院で手術を受ける事が決定。あとは日程の問題だ。普通なら2~3ヶ月待ちらしいけど、症状が症状だけに早めに手術してくれるそうだ。
じゃぁ、まだ、細かな検査を行いますから、あなたは待合室で待っててください!
そそくさと待合室に戻ってきた。
う~ん、手術ともなると、さすがにオレも付き添わなきゃアカンだろうし、仕事だってこの時期は忙しいのに・・・なんて考えながら、ジ~ッとしてたわけだ。

それから1時間ぐらいかな、また看護師が呼びにきた。
別室で白内障の手術のビデオを観ていただくので、付き添いの方もどうぞ!^^
看護師の案内で小さな部屋へ行くと、すでに同居人が座ってる。机の上にはノートPCが置かれてる。これでビデオを観たわけなんだけど・・・
IMG_20180228_160625
このビデオ・・・
生々しい!
下手なホラー映画よりも怖いじゃないか(涙)
オレが手術を受けるわけじゃないけど、震えてしまったぞ。
こんなもん、ホントに年間で140万人も手術してるのか?
世の中、勇気のある人が多いな・・・。これ、オレだったら耐えられないかもだ(涙)
ビデオが終了すると、看護師が入室して手術の日程の調整と内容の説明だ。
3月の〇日なら手術出来る、って事であっさり決定。
問題は手術の内容・・・。
看護師の説明によると、局所麻酔なので注射針やその他、もろもろの器具は丸見えだけど、恐れる事はない、って話だけど・・・
怖いだろ!
しかも、ごく稀にだけど、目の状態によっては大学病院で再手術の必要も有るとのこと。で、ごくごく稀に失明の危険もあるとの事だ(術後の合併症なんかが原因)。それを防ぐために、術後は24時間、つまり朝起きてから寝るまで、と言うか、寝てる間も・・・
ゴーグル着用!
おまけに、1ヶ月間は入浴は禁止(シャワーはOK)、髪を洗うのも禁止だし、顔を洗うのもダメとの事だ。ゴーグルのサイズを測るために、実物を見せてもらったけど、
う~ん・・・
微妙なデザイン!(涙)
目を切り開いて濁りを取った後、単焦点レンズってのを入れるそうだけど、このレンズも実物を見せてもらった。豆粒みたいなレンズだ。あんなモノを入れるとか・・・
やっぱり怖い!(泣)
レンズの焦点距離も様々な種類が有るそうで、
どれぐらいの焦点距離が良いですか?
って聞かれたけど、
分かるわけないだろ!ww
他の人はどれぐらいのレンズを入れるのか聞いてみたところ、ほとんどの人が1mの焦点距離を選ぶそうなので、当然、同居人も1mを選択だ。

看護師の説明はまだまだ続く・・・。
両方の目を一度に手術する事は出来ないので、片方が終わった後、およそ一か月後に残りの片方の目も手術するとの事。そうなると、都合2か月の間、ゴーグル着用入浴禁止・・・。
で、問題の視力のほうだけど、たいていの場合は視力は回復するそうだ。当たり前だな。視力も回復しないなら、誰も好き好んでこんな手術は受けんだろ。ただ問題なのは、術後1カ月ぐらいは視力が安定しないので、新しいメガネを作るのはその後・・・。
いろいろと制約されるし、これ思ってた以上に大変だぞ(泣)
説明が一通り終わった後で、同意書ってのに記入しないといけないんだけどね、もちろん当事者の同居人は記入する。付き添いで来てるオレも記入を求められたんだけど、困るのが続柄の欄だ。
まさか続柄の欄に同居人って書けないしww
IMG_20180303_233341
もうな、面倒だし・・・
書いたぞ・・・
夫!ww
いやぁ、この歳になって初めてって書いたww
で、これで帰れるかと思ってると、
じゃ、ご主人は待合室でお待ちください^^
へ?
まだ、検査が有りますので^^
・・・・・・

なんだかんだで自宅に帰り着いたのは夜の8時
クタクタだ!
オレだって仕事してるのに(涙)
でね、手術の3日前にもう一度、検査に行かないとアカンそうだ。
検査、検査で同居人には同情するけど、白内障の手術を受けた人の話だと、
手術をすると・・・
世界が変わる!
らしい・・・。
まぁ、両目の手術が終わってゴーグルを外せるようになるのは5月だけど、世界が変わるなら、我慢するしかないのかもな・・・。
そうそう、看護師の説明でこういうのも貰ったんだった。
自宅でよく読んで下さいね^^
って言われたから読みかけたけど、再手術だの失明だの、恐ろしい内容も書かれてるし未だ全部に目を通してないぞ(泣)
IMG_20180303_233218
3日前に手術用の抗生剤を点眼するそうだけど、また付き添いか・・・。
手術当日も付き添いせなアカンだろうし(付き添いするように紙に書かれてるw)、まぁ、仕方ない・・・。
面倒くさい事は嫌いだけど、今回は夫の役を真面目に演じるか(涙)
次回は、手術当日の様子を記事に書く予定だ。
 

同居人の下書きチェックだ。

同居人:他人事だと思ってるやろ!

実際、他人事やんか・・・
こっちは、病院に行くたびに待たされて、疲れるのだわ


同居人:こっちだって、検査の連続で、目をイジりまわされて目が痛いんだわ!
血も取られたし・・・

早く手術しないから、慌ててバタバタするのだ!
反省しろ!

同居人:・・・・・・





hakunaishou180304