今日と明日のあいだ

独身のオジサンが、日々、思った事を綴ってます。

【白内障】とうとう手術当日!白内障の手術が終わった!って話

「白内障」シリーズの第3回目・・・。
今回は、いよいよ手術を受けてきたって話だ。
白内障って言っても、オレじゃなくて同居人だけど、急速に症状が悪化したために急いで手術を受ける事になったんだけど、これまでの流れはこちら・・・。

手術の予定日が決まってからは、同居人はもちろんだけど、オレだって怯えてたぞ。
なにしろ目に注射をするんだろ。メスで5mmぐらい開くって聞いてるし、自分の事じゃなくても恐ろしい。ここ数日の同居人の怯えようは見てられないぐらいだったからな。
もしかして失敗したら?とか大学病院で再手術とか言われたら・・・考えただけで頭がパニックになりそうだ。そうは言っても、このまま放っておいたら、いよいよ見えなくなるし・・・。
年間140万人が受けてる手術だから、そんなに危険じゃないとは分かっていても、怖いものは怖いのだ。今日の気分は・・・
もう、お医者さんを信頼するしかないww
って事で、今日は白内障の手術を受けてきた。受けたのは同居人だけど、付き添いのオレだってクタクタだぞ・・・。

 



前もって言われてたのは、13時から手術を行うので当日は11時に来てくださいとの事。片目ずつしか出来ないんで、今回は右目だけど、オレも同居人も昨日は眠れなかった(涙)
怖いやんか!
まぁ、子供みたいに怖いからと言って駄々をこねても仕方ないし、世の中の人に平等に朝は来るわけで、ドンヨリした気分のまま自宅を出発だ。予定より早く病院に到着。10時半だ。同居人は、すぐに診察室に呼ばれた。オレは前回と同じように待合室で待つだけだ。10分後、腕に点滴を挿したまま点滴のスタンドを引きずって戻って来た。気になるから聞いてみたんだけどね。
おい、それ何の点滴やねん?
なんか説明されたけど、怖いから頭がパンクしそうで覚えてないのだわ(涙)
・・・・・・
まぁ、麻酔が良く効くようになるとか、そんな系統の点滴だと思うんだけど、詳しいことは謎だww
この病院、市内のオフィス街にあるんだけど、待合室の中は20人ぐらいの人で埋まってる。
よくもまぁ、こんなに患者が居るもんだな・・・
なんて感心してたんだけど、驚いたのはここからだ。
次から次に点滴のスタンドを押しながら、患者さんが待合室に戻って来る。
ぉぃ、これ・・・
みんな白内障の手術する人か!?

同居人の他にも4人が点滴を挿して座ってる。同居人は、すでに頭が半分パニックでオレが何を言おうが上の空((泣)
いくら患者が多いとはいえ、一日にこんなに手術して大丈夫なんだろうか・・・。
まぁ、大丈夫だから手術してるんだろうけど、こっちとしては気が気じゃない。
11時過ぎ、30分かかって点滴が終わった。点滴を外した看護師さんと入れ替わりに、別の看護師さんがやって来た。
じゃぁ、5分おきに右目に目薬をいれていきますね^^
・・・・・・
同居人は無言ww
よほど怖いらしい。オレだって、出来る事なら逃げ出したい(涙)
点滴の順番からして、同居人が今日の一番最初の手術らしいけど、同居人は、
何で私が最初なん?
最初は嫌やわ!(泣)
なんて言い出す。
最初に終わるんやからエエがな!
宥めるオレww
5分おきに看護師が目薬を入れに来るんだけど、オレも緊張してきた。待合室に居ると息が詰まりそうだ。なので、外に出てタバコを一服だ。
IMG_20180309_113529~01
街はいつもと変わらないのに、オレの気分は超曇り空だ。
落ち着け、落ち着け、オレが手術するんじゃないんだから!
なんて言い聞かせて、病院に戻ると看護師さんがやって来た。
ペンライトで同居人の右目を確認してる。
これから目を洗ってもらって、それから手術室の方へ行ってもらいますね^^
いよいよ来た!
てか、13時からじゃないのか?
まだ気持ちの整理がついてない(特に同居人)
状態が良くなってるので、早めに手術しますね^^
って訳で、予定より早く始まる事になったんだけど、オレだって心の準備が・・・。
診察室で目を洗った同居人。オレも看護師さんの案内で手術室へ移動だ。
ここの手術室、まずはリカバリー室ってのが有って、オレはそこで待機する事になる。
IMG_20180309_124441

このリカバリー室の奥に手術室が有るんだけど、その扉がこちら・・・。
IMG_20180309_123137
まずは、この部屋で同居人にいろいろ器具を取り付ける。
手慣れた看護師さんが心電図やら血圧計を同居人に取り付けていくんだけど、気が小さいオレは見てられない。同居人は半ベソww
準備が出来たようだ・・・。
じゃぁ、ご主人はこちらでテレビでも観ててくださいね^^
隣が手術室なんで声が聞こえるかもだけど、気になさらずに^^
なんて言われたけど・・・・
声が聞こえるのかよ(涙)
もう、真剣に逃げ出したい!
って気分だ。
IMG_20180309_123519
じゃぁ、行きましょうか^^
看護師に促されて同居人が手術室へ入った。
テレビで時刻を確認すると、12時30分
いよいよ始まった・・・。

チラッと覗いた様子だと、中には看護師さんが4.5人は居たような・・・。
すでに扉は閉められてるから確認は出来ないけど、看護師さんの声が聞こえる。
ここに座ってくださいね~^^
これ、丸聞こえじゃないか(涙)
恐ろしい・・・。
お医者さんが入って来たようだ。隣の手術室の空気が変わったのが、扉を隔てたこっちにも伝わって来たぞ。お医者さんの声が聞こえる。かなりデカイ声だ・・・。
〇〇さ~ん、これから右目の手術をしますからね
同居人の返事は聞こえない(涙)
震えてるんだろうか・・・。心配だ(涙)
咳とかクシャミをする時は、すぐに言ってくださいね!
あ~、そんなに顔を動かしたら
失敗するよ!
じっとして!
なんか・・・
お医者さん、怒ってる?(涙)
こんなもん、テレビを観てるどころの話じゃない。
こんな声を聞かせるとか、どんな罰ゲームなんだ(涙)
注射するから、少し下を向いて!
下を向くの!
これ、絶対、お医者さんは怒ってるわ・・・。
同居人は怖がりだから、思うように体が動かん状態なんだろうけど、怒られたら・・・
ますます萎縮して動かなくなるぞ(涙)
しばらく沈黙・・・。
微かに物音はするんだけど、人の声は何一つ聞こえなくなった。
すでにメスを入れてるんだろうか。隣の部屋に居ても、オレにはどんな状況なのか見当もつかない。
早く終わってくれ、頑張れ!
なんて心の中で祈ってると、またお医者さんの声が・・・
息を止めないで!
もっと体の力を抜いて!
・・・・・・
怖くて力が入ってるんだろうな(涙)

15~30分で終わるって聞いてたけど、けっこう時間がかかってる。
テレビの時計でもう20分は経過してるぞ、なんてイライラしてた時に、またお医者さんの声・・・
は~い、お疲れ様でした^^
終わりましたからね^^
同居人の返事は無い。
扉を開けて看護師に連れられて同居人がリカバリー室に戻ってきたのが13時ちょうど。きっちり30分の手術だった。同居人の右目にはアホみたいにデカい眼帯。
心電図やら血圧計の器具を外してもらう。
やれやれ、一段落ついた(涙)
看護師に連れられて待合室に戻って、しばし休憩だ。
同居人も緊張で疲れただろうけど、オレだって疲れたぞ。

 



待合室での会話・・・。
なぁ、息を止めるな、って聞こえたけど・・・
お前、息を止めてたんか?ww
とかクシャミをしたらアカンって言うから、緊張して息を止めてしもうたんだわ(涙)
アホか!
力を抜いてリラックスしとけばエエやんか。
いろいろ見えるのに、怖くてリラックス出来んわ!
自分がやってみればエエんだわ!

・・・・・・
生理の血を見ても青い顔するくせに、アンタが耐えられるわけないわ!(怒)

まぁ、生理云々なんて言い出したから、いつもの同居人に戻ったな。
てか、しばらくは風呂も洗顔も禁止だし、化粧もアカンそうだから、当事者はなかなか大変だろうけどな。
化粧をしてない同居人の素顔を見たくない!
当分の間、通院しないといけないし、来月には左目の手術が控えてるし、まだまだオレの気苦労は続きそうだ。もうすぐ県立高校の入試で忙しいのに・・・。
看護師さんから術後の説明を聞いて、自宅に帰り着いたのは14時
クタクタだ!(涙)
次回の「白内障」シリーズは、術後の経過でも書くか・・・。
今日は疲れたので、ここで打ち止め!




hakunaishou180309a